親権行使者の代わりに身上監護・財産管理を行う者の役割

2014年9月5日 / 未分類

親権行使者の代わりに身上監護や財産管理を行う事が義務付けられた人は、未成年の子供の身の回りの世話やしつけ、教育などを行う親としての権利を果たす事になります。
それと同時に財産管理となると、遺産相続などによって子供が財産を所有する事になった場合には、その財産を管理し、売ったりする必要が出てきた場合等に、子供の代理として法律的行為を行う事ができるようになるので、この権利を持ちながらして、子供を監護していく事になります。


役割としては、どのような形状であったとしても、義務付けられる事柄としては本来の親子関係と類似するものになる為、その内容に関しては果たさなければならないという義務が生じる事となります。
身上監護をするという事になると、対象が子供になり、年齢も幼い事が多く、育てる事への手間等は大いにかかるものとなりますが、その分財産などの管理を行う権利も与えられる為、一般的に言われる親としての責任を守り、育成をする事ができれば問題は無いとされます。
役割としては、子供が犯罪などを起こしたりしないようにしつけや教育を行い、正しく成長するように見届ける事となります。
また、この役割を持っている人は、子供の姓名を改める行為等を行う事もできます。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る