未成年後見人の申し立て・手続きの手順

2014年9月5日 / 未分類

未成年後見制度とは、親権者の死亡などにより、未成年者に対して親権を行う者がないときや、親権者に財産の管理権がないときに、未成年者の監護養育や財産の管理、契約などの法律行為を代理で行う後見人を定めることにより、未成年者を保護するという制度です。


この未成年後見人の選任は、家庭裁判所への申し立てにより行われます。この手続きの手順としては、まず申し立てに必要な書類や費用(収入印紙・郵便切手)を確認・準備の上で、被後見人となる未成年者の住所地の家庭裁判所に申し立てを行います。そして裁判所により、申立人や後見人候補者、未成年者本人への面接や、親族への照会などが行われた後に、選任または却下の審判が下されます。この審判の結果は裁判所から審判書が送付されることにより明らかになります。このとき後見人として選任された場合には、未成年者の財産目録、年間収支予定表の書式が同封されますので、これを作成し、受け取りから一か月以内に裁判所に提出する必要があります。このように未成年後見人は選任され、また後見人として選任された者は、その後の職務を正しく行っているかを裁判所が確認するために、裁判所への報告を定期的に求められることになります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る