未成年後見人の申し立て・手続きで注意点

2014年9月5日 / 未分類

未成年後見制度とは、未成年者が親権者を亡くすなどした場合に、親権者に代わって未成年の養育や世話をしたり、未成年者本人の代理として財産の管理や各種契約などの法律行為を行う人物が家庭裁判所によって選任される制度です。この後見人の選任は、申立人が裁判所へ申し立てをすることにより審判が始まります。申し立てに必要になる書類などは、各家庭裁判所のウェブサイトでも確認可能で、具体的な記入例なども参照できますが、もしこれらの準備や手続きを個人で行うことに不安がある場合には、弁護士や司法書士などの専門家へ相談するなどして、不備なく申し立てを行う必要があります。申し立てを受理した裁判所からは、さらに書面で照会をされたり、直接事情を尋ねられる場合がありますので、この照会や呼出には必ず応じるようにしてください。


また、いったん申し立てを行うと、申立人の都合だけでは取り下げをすることができず、取り下げには必ず裁判所の許可が必要となりますので注意が必要です。なお、裁判所は申立書や申立人、後見人候補者や未成年者本人との面談や親族への照会などをもとに、最も適任と思われる者を後見人として選任しますので、必ずしも申立書において後見人候補者とした人物が選任されるとは限りませんので留意する必要があります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る